top of page
検索

AIG社事故対応|損害保険|静岡の保険代理店

おはようございます。全力保険の草垣です。先週は水害を被ったご契約者様と保険会社の2回目の打ち合わせに同席させていただきました。#代理店 の役割を再認識でき、保険会社の #損害担当者 の皆さんには大感謝です。やっぱり仕事は一人じゃだめなんだとつくづく思いました。

【経緯】 1回目は、ご契約者担当者(と私)は #鑑定人 に状況や写真で説明し、

概ね理解が得られたと認識しました。 その1週間後、保険会社に状況確認すると、 #水災害 認定はされるが、保険金額を認定するには、資料が不足するという回答でした。??雲行きが怪しい・・ つまり、汚損した物の一部は写真におさめているが、その日の在庫を明確に示す資料が足らないのです。困りました・・・

契約者様に資料を用意頂くのは2度手間3度手間になる可能性があります。そうなれば、契約者の業務に支障がでますし、結果的に支払えても、満足度は低くなります その旨事故担当者に相談し、保険会社担当者と上席者と鑑定人で再度打ち合わせさせていただきました。 目的は、損害額を示す具体的な資料を探すこと。

当日、席では契約者の担当者1名(横に私)対3名の戦いの形になってしまいました。 さあいろいろ聴きますよ!って感じで着席でした・・・ 

結果良い打ち合わせが出来ました

要因 保険会社の損害担当者・鑑定人の保険金支払いについて、協力的であることが、契約者にしっかり伝わっていたこと。 それにより、ざっくばらんな打ち合わせができた。 結果、短時間で必要な情報を決めることが出来た。

代理店としては、普段から事故対応をお願いしている保険会社の事故担当者の適切な対応ぶりを知っていたので、契約者に代わってしっかりと相談ができました。信頼できる担当者なので、契約者にも、事前に「大丈夫ですよ。緊張しなくていいですよ」と今回の再訪問主旨をしっかり伝えました。 困ったら、私が助けますということも伝えました。 実際、事故担当者チームは終始ご契約者に寄り添う姿勢は変わらずでした。 ということで、保険はつくづく人なんだなあと実感します。 そして事故時対応こそ商品価値だなあとも思います。


Commentaires


bottom of page