会社・事業の成長と変化
に対応する損害保険
成長
たとえば・・・このような方!

社員との関係変化でリスクが!

心配される潜在的なリスク

矢印.png

ある精密部品製造業の企業さんの事例。
海外の輸出が大幅に伸び、社員数も100人を超えてきたあたりから、新卒・中途採用者の中には短期での退職希望者が出始めている。
以前は、社員との距離が近い印象を持っていたが、労使間の関係性が希薄になっていることを感じ始めている。

損害保険でしっかり準備したい!

社長自らが退職希望者の面接をしているが、現場の課題が潜在的に発生しているのではないかと不安に感じている。
社員を大事にする考えがあるので、体調が悪くなった場合には半年以上の休職扱いでも毎月給料を払ってきた。
しかし、損害保険で対応できる部分と自助努力の部分とをしっかり確認して、具体的な対応方法を検討したい。

急成長した運送会社のリスク!

心配される潜在的なリスク

矢印.png

創業当時は、社員数名・大型トラック数台で営業。数年で売上3倍、社員数3倍、車両5倍と急成長し、営業所を複数展開。
創業当時と比較して、事故等の指導が行き届かなくなっているかもしれないという不安が増している。
実際に出勤率が減少傾向にあり、大きな事故ではないが、小さな事故が起こり始めている。

損害保険でしっかり準備したい!

幸いにも、増収減益決算が続いている。

業績好調な今のうちに、安全向上対策をするとともに、万が一に備えておく必要を感じている。

しかし、どのように損害保険を利用していいかわからず不安であるので、事業がわかる損害保険の専門家に相談したい。

今スグ!解決していきましょう!
会社と事業のこと、
ご心配なことを
まずはお聞かせください!

近年の御社の状況や事業のこと、現在の保険契約内容などを、まずは一緒に確認していきましょう。そして、ご心配なこと、ご不安を感じていることをお教えください。

秘密は厳守しますので、安心してご相談ください。

​お考え・ご希望に沿った形で
御社の「安心」を
全力でご提案します。

代表取締役

草垣 政宏

ご意見をうかがう草垣

見えにくいリスクを、鮮明に見える化!
MASAは業務フロー図を活用して「現場の声」を丁寧にうかがいながら、お客様と一緒に「事業に潜んでいるリスクを見える化」します。

会社
リスク.png
見直しのコツ
  1. 損害保険の見直しは会社と従業員と財産を守るための大事な業務

  2. 無駄な出費をしないために

  3. リスクの見落としがないようにするために

  4. 忙しくてもしっかり見直すためには?